NEWS お知らせ

思い出のつまった家の売却

2021.10.11

相談内容】

現在、他県に住んでいる50代の男性。ご両親が亡くなり実家を相続したが、愛知県に戻る事はないので、どうすれば良いかとのご相談で来店されました。
相続するまでの経緯や家族構成などの聞き取りを行い、売却した場合と賃貸として貸し出した場合、このまま空家を放置した場合のメリット・デメリットと相続税の事など資料を用いて説明しました。お客様の現状や将来について、色々とお話をしていく中で、売却した方がお客様にとっては一番良いのではないかと思い、ご提案させて頂きました。色々悩まれた末、「ホームプランナーさんに全部まかせます」とのお言葉を頂き、売却する方向で話を進める事になりました。
初回面談当日に現地を見せて頂く事になり、その際「いくらで売れるかな?」「思い出がつまった家だから、あまり安く売るのも嫌なんだけどな」と、実家に対する想いも伺う事ができました。「思ってたより高かった。その価格で売れるなら嬉しいよ。」と言う事で、売出しを開始。ネット広告や新聞折り込みなど、様々な媒体を駆使し早期売却へ向け、取り組んでまいりました。

【結果】

売却を開始して3ヶ月ほどで無事に契約となり、「思ってたいたより早かったね。頑張ってくれたんだね。」「買ってくれる人も良い人そうで安心できるよ。」と、喜んで頂く事が出来ました。お引渡しが無事に終わり、最後に「あなたに任せて正解だったよ。ありがとう」とお言葉を頂きました。