FAQよくある質問

Q

遺言書はいつ書いたらいいですか?

遺言書の作成は民法において満15歳以上になればいつでも可能です。遺言はできれば健康で体力があるときに作成することが望ましいといえます。遺言を作成するには、ご自分の全財産を正確に把握する必要があります。一度作成しても、時の経過により、財産状況や経済情勢などが大きく変わった場合、家族関係が変化した場合など諸状況の変化に応じて、遺言の内容を書き換える必要がでてくることも珍しくありません。