FAQよくある質問

Q

誰が相続人になれますか?

民法で定められた相続人を「法定相続人」といいます。
法定相続人は「配偶者」「血族相続人」の2つに分けられます。配偶者は常に法定相続人となります。ただし、離婚している場合や、内縁の妻・夫は相続人にはなれません。
血族相続人とは、血の繋がりがある親族のことで、これには順位があります。
第一順位:直系卑属(子及びその代襲者)
被相続人の子は、実子・養子問わず相続人となります。また、被相続人の子が相続開始前に死亡したときは孫が子に代わって相続人となることができます。
第二順位:直系尊属(父母・祖父母など)
被相続人に子がいない、かつその代襲者もいない場合に相続人となります。直系尊属が複数いる場合、親等の近い者が相続人となります。例えば、父母と祖父母がいる場合は、父母が相続人となります。
第三順位:兄弟姉妹
被相続人に子、その代襲者、親などの直系尊属がいない場合に相続人となります。