FAQよくある質問

Q

相続の方法はどのようなものがありますか?また相続を拒否することはできますか?

相続には、3つの方法があります。
1)単純承認
被相続人の財産すべてを承継する方法です。あわせて、借金等のマイナスの財産も引き継ぐことになります。
2)限定承認
相続によって得た財産の範囲で被相続人の債務等を弁済し、財産が残れば、それを相続するという方法です。マイナスの財産の方が多い場合でも、自己の財産を弁済に充てる必要はありません。限定承認は、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があります。相続人が複数いる場合は、共同で行うことが必要となり、単独で行うことはできません。原則、撤回はできません。
3)相続放棄
被相続人の財産すべての承継を拒否する方法です。被相続人が明らかに債務超過(財産より借金が多い場合など)である場合に拒否することができます。相続放棄は、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があります。原則、撤回はできません。