FAQよくある質問

Q

相続、遺贈、贈与の違いは何ですか?

相続は人が亡くなった場合に、財産が一定の親族に移転することを指し、財産をあげる人やもらう人の意思とはかかわりなく、人が亡くなると自動的に始まります。被相続人がその時期を決めたり、相続人を選んだりすることはできず、民法で定められた法定相続人が財産を引き継ぎます。遺贈は遺言によって財産を他人に無償で与えることを指します。遺贈者は自分の財産を自由に処分することができ、遺贈者の意思による一方的な行為として、遺言によって遺贈者が亡くなった時に、誰にでも財産を与えることができます。
贈与は契約に基づいて財産を相手方に無償で与えることをいいます。相続・遺贈と大きく違うことは、生前の行為であり、随時に行えること、財産をあげる人(贈与者)ともらう人(受贈者)双方の合意に基づく契約であるということです。