HAPPY
INHERITANCE NOTEハッピー相続ノート

あなたにもしものことがあったときにご家族は困りませんか?あなただけしか知らない事もたくさんあるはずです。元気な今、このハッピー相続ノートで整理しませんか? あなたにもしものことがあったときにご家族は困りませんか?あなただけしか知らない事もたくさんあるはずです。元気な今、このハッピー相続ノートで整理しませんか?

ハッピー相続ノートが、
相続対策の第一歩です。

知っていたら、相続していなかった…
とならない為に。
マイナスの情報も必ず記載しましょう!
  • 隠れた債務を知らなかった…
  • 滞納している税金があった…
  • 家族に内緒の借入があった…
  • 親族や友人の連帯保証人になっていた…
面と向かっては伝えづらいが、
伝えておかないといけない
その他の事項も記載しましょう!
  • 隠し子がいた…
  • 相続人以外に、相続させたい人がいる…
  • 実は離婚歴があった…
  • 前妻との子供にも相続させたい…

ご自身にもしものことがあったらと真剣に考えたことがありますか?
ハッピー相続ノートは、相続の前段階としてモノ・ヒト・ココロの整理を行うものです。例えば、あなたは今ご自身がお持ちの不動産がどれぐらいの価値があるか把握しているでしょうか?また、生命保険にはどれだけ加入していているでしょうか?
ここで注意をしたいのは隠れた財産や負債です。隠れたプラスの財産としては、生命保険など本人しか把握していない財産。隠れたマイナスの財産としては、連帯保証や連帯債務などがあります。また、友人や知人など個人的な貸付や借りている金銭も相続されますが、これらの情報は本人のメモがない限り、誰も知りようがありません。
連帯保証人や連帯債務者になっている場合は、その負債も相続されることを想定にいれて内容を確認しておくことや連帯保証人になっていることを残されたご家族にわかるようにしておかなければいけません。
不動産については、一見プラスの財産に見えますが、相続税価格が高いけれど売却価格など換金性の非常に低い不動産や、賃貸需要がなくて入居者がみつからない物件なども存在します。
ご自身でもすらすらと出てこないような内容を、記録もないままにご家族が把握することはとても大変です。だからこそ、細かなことまで書き出しておく必要があるのです。

ハッピー相続ノートであなたの想いを綴りましょう

あなたにもしものことがあった時に、あなたの想いが受け継がれるように、そして家族を困らせないためにも相続計画を考えておきましょう。

“もしも”のときに役立つ
ハッピー相続ノート

そこで役立つのは、ハッピー相続ノートです。ハッピー相続ノートは、相続計画に必要な情報が書き込めるようになっており、記入することで財産を把握し、分け方・残し方をどうするか整理ができるようになっています。

ホームプランナーでは、この「ハッピー相続ノート」をセミナーに参加してくださった方へ、無料でプレゼントしています。

遺言書と相続ノートの違いを疑問に思う方が多いですが、ご自身の財産の把握や気持ちの整理ができていなければ遺言書を書くことはできません。最初にも述べましたが、この相続ノートをまとめることが相続対策のファーストステップとなるのです。まずは、思いつくことをどんどんノートに書き出してみましょう。
そして、遺言書にご家族お1人お1人への想いを長文で綴ることはできません。その想いを綴っておく大切な機会でもあるのです。

  • img_step1
  • img_stepiconimg_stepicon
  • img_step2
  • img_stepiconimg_stepicon
  • img_step3

ハッピー相続ノートでもめないための相続計画を

ハッピー相続ノートでは、下記のことをご自身でも把握しながら、もめないための相続計画を立てていきます

  • 相続関係の把握

  • 財産の把握

  • 分け方・残し方を考える

  • 今できる対策を考える

相続計画を正しく実行するために

ハッピー相続ノートを使って、ご自身の想いや分け方がきまったら、その相続計画を正しく実行するために【遺言書】の作成が不可欠になります。ハッピー相続ノートで遺言書の内容を考えておきましょう。

親族間の争いを防ぐ遺言書

ホームプランナーではセミナーにご参加いただいた方に、無料で「ハッピー相続ノート」をプレゼントしています!ホームプランナーではセミナーにご参加いただいた方に、無料で「ハッピー相続ノート」をプレゼントしています!

  • セミナーでは、相続の基礎から正しい準備の進め方、
  • 公開しないために知っておくべきことを、事例を交えて
  • わかりやすくお伝えします。
  •    
  • もしもの時に、残された家族が困らないように、そして
  • あなたの想いが受け継がれる相続計画を立てるために、
  • まずはセミナー参加からはじめてみませんか?

今すぐセミナー日程を見る