• 誰にでもやってくる相続もしもの時の準備できていますか?
  • 1階に相続サロンを新設
  • 誰にでもやってくる相続もしもの時の準備できていますか?
  • 1階に相続サロンを新設

POINT.01

日本の資産の約7割は、
世帯主が
50代以上のシニア世代!?

日本の資産の約7割は世帯主が50歳代以上のシニア世代に偏在。
つまり、退職金を手にする60歳から資産形成が始まる。
日本の平均寿命を男性79歳、女性86歳とすると、ちょうどこの頃に相続資産も受け取ることになります。

※出典:総務省統計局「平成26年 全国消費実態調査」
02

相続の際に起こる
問題点とは?

1.まず何をしたらいい?
2.遺言書はあるのか?
3.資産を全て把握しているか?
4.資産をどう評価するか?

5.相続税はいくら掛かるか?
6.誰に何を引き継がせるか?
7.納税資金は確保できているか?
8.二次相続は大丈夫か?

03

相続は誰に相談する?

① 誰に相談したら良いか分からない・・・・・48.9%
② 血縁者・・・・・15.0%

③ 弁護士・・・・・11.4%
④ 司法書士・・・・7.7%
⑤ 税理士・・・・・7.5%
⑥ 銀行・・・・・・5.3%
⑦ 不動産会社・・・3.8%

※住宅・不動産コンサルティングのハイアス・アンド・カンパニー株式会社で行った相続に関するアンケート調査

約64%が専門家に相談しない!
04

相続する財産の
7割は不動産です!

相続する財産

相続でもめるのは、相続税ではなく遺産分割であり、
もっとも分けにくい財産が、不動産です!

相続する財産

つまり
「不動産の扱いをどうするかを決めること」
が最大のポイントであり、だからこそ
不動産のプロに相談すべきなのです!

不動産相続のお悩み、解決します!相続勉強会 不安を安心に。疑問を納得に。もめない円滑な相続を学びませんか? 不動産相続のお悩み、解決します!相続勉強会 不安を安心に。疑問を納得に。もめない円滑な相続を学びませんか?

important point

最大の相続対策は、
相続に対する正しい知識を身に着けることです!

ホームプランナーの勉強会は、基礎~応用編まで全5ステップ。相続に対する大いなる誤解の説明に始まり、揉めない相続とは、遺言書作成、生前贈与、不動産評価と価値の現状分析(ROA診断)、不良不動産、節税、土地活用、納税資金準備、民事信託など、事例を交えてのわかりやすい解説。あなたに相続の正しい知識を身に着けていただくことで、心配が安心に変わります。

講師一覧 lecturer講師一覧 lecturer

山崎 幹根

MIKINE YAMAZAKI

この相続勉強会は予約制の少人数で行っており、聴くだけではなく皆様にも不明な点があればその場ですぐに確認をして、解決していただくことでより深く学んでいただいております。
参加者に対して営業することが目的ではなく、勉強会を通して、多くのお客様の心配事、揉め事を事前に回避することにより、お客様とは仕事のみならず、信頼関係で結ばれた一生涯のお付き合いをいただけるライフパートナーとなれるよう日々尽力しています。

講師詳細

講師一覧

相続勉強会開催日程 Schedule

STEP1:相続の基礎を学ぶ

STEP1:相続の基礎を学ぶ

・はじめに
相続の大いなる誤解
・相続とは?
相続の定義、法定相続
・相続の流れ
死去~納税までにやるべきこと、相続遺産分割協議
・相続で、もめないためには

日程は下記よりご確認ください。

STEP2:遺産の分け方、遺言書を学ぶ

STEP2:遺産の分け方、遺言書を学ぶ

・贈与
暦年課税制度 相続時精算課税制度 教育資金一括贈与 他 
・遺言書①
遺言書の定義 遺言書の必要な方々 遺言書の種類
・遺言書②
遺留分 遺言執行人 付言

日程は下記よりご確認ください。

STEP3:相続税と不動産の評価を学ぶ

STEP3:相続税と不動産の評価を学ぶ

・相続税の基礎
相続税の変遷 基礎控除 相続税率
・不動産の相続評価
路線価 アパートなどの評価 市街化調整区域の評価
・不動産の不良資産とは?
不良資産のトラブル事例
・不動産の評価と価値の現状分析
ROA診断とは?こんな方におすすめ

日程は下記よりご確認ください。

STEP4:節税対策方法を学ぶ

STEP4:節税対策方法を学ぶ

・納税資金準備
生命保険の活用 あえて活用しない土地
・節税対策①
養子縁組 生前贈与
・節税対策②
不動産を活用した節税対策
・土地活用事例

日程は下記よりご確認ください。

STEP5:制度を活用した応用事例を学ぶ

STEP5:制度を活用した応用事例を学ぶ

・節税対策③
リフォーム リフォームと贈与の併用
・成年後見制度
成年後見制度とは? 法定後見と任意後見
・民事信託
民事信託とは? 民事信託の活用事例
・応用事例

日程は下記よりご確認ください。

勉強会一覧・検索

Present

ステップ1~5まで参加された方には、
相続の時に困らないハッピー相続ノートをプレゼント!

ハッピー相続ノート

Seminar Details

定 員
各回6名
参加費
初回1000円 2回目以降無料
会 場
株式会社ホームプランナー
セミナールーム(1階受付にお越しください)
名古屋市西区名西2丁目32番16号(駐車場完備)

各勉強会の新着情報 NEW study session

  • 現在勉強会開催の予定はございません。
  • ◎セミナーの内容の理解を深めていただくため、少人数制となっております。
    ◎お申し込みは先着順となります。定員に達し次第、応募を締め切らさせていただきます。
    お申し込みの内容に変更がありましたら、お早めにご連絡をお願いいたします。
    ◎お申し込みに際してご提供いただいた個人情報は、本勉強会に係わるご連絡以外には使用いたしません。
    ◎その他、ご質問・ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

    ホームプランナーがお手伝いできること assistホームプランナーがお手伝いできること assist

    事例紹介 CASE

    不動産相続では、思わぬ相続
    (争族・争続)がつきものです。
    事前に事例を知ることで、
    対策することができます。

    • 託す人、託される人の想いを共有


      N様より父親が所有している1棟アパートについてのご相談を承りました。 高齢の父親が所有しているアパートは、相続で所有していた遊休地に目をつけた大手ハウスメーカーより相続対策として名古屋市外に所有している田んぼにアパート建築を勧められたところから始まりました。 当時、N様はアパート建築には消極的でしたが、借上げ保証があっとこと、30年間の収支表をみせられて利益Read more…

    • 『無効と判断された遺言書』


      相続が発生したTさんからのご相談でした。 初七日もすぎ、少し落ち着いたころに妹のHより「実家の遺品整理をしていたら遺言書がでてきた。」と連絡あり、遺言書を開封したところ「すべての財産をHに相続させる」旨の記載があったとのことでした。 以前、Tさんは被相続人の父より「嫁にいってもお前にもしっかり財産は残してやる」と言われていたので疑問を抱き、以前、取引のあRead more…

    • 「お子さまのいない夫婦間の相続」


      5か月前に夫を亡くしたTさんからのご相談です。 相続に関して、夫の甥姪から相続権を主張する通知が来てどうしたら良いかという内容でした。 まずは、相続人の調査をしたところ、Tさんの夫には弟が1人、妹が2人いました。 弟には子が2人、妹の一人にも子が2人、もう一人の妹は独身でした。 弟と子がいる妹はTさんの夫より先に亡くなっており、子が代襲相Read more…

    • 実家の相続がトラブルの原因に…


      母親の相続発生後のご相談でした。 相続人は兄弟2人で、弟さんからのご相談です。   長年実家で母親と同居していたお兄さんが、これからも一人で住み続けるから実家は自分が相続すると言って遺産分割がまとまらず、手続きが難航しているといった内容でした。 相続財産は、実家と預金のみでした。 ご実家の相続税評価額は約3,000万円、現Read more…

    さらに事例をみる

    お客様の声 VOICE セミナーに参加されたお客様、実際にご相談いただいたお客様の声をご紹介します。 お客様の声 VOICE セミナーに参加されたお客様、実際にご相談いただいたお客様の声をご紹介します。

    セミナーに参加して本当に良かったです。

    2020年6月吉日
    地方情報誌のフリモを見て勉強会に参加しました。
    物忘れが酷くなってきていることを自覚していたので、資産凍結や民事信託という言葉に興味をもちました。
    参加していく中で、相続で子供たちに苦労を掛けない為には事前準備が重要ということが分かりました。
    相続のセミナーが終わった後に、司法書士の先生による民事信託セミナーにも参加させて頂きました。認知症の恐ろしさがわかるとともに、資産凍結してしまった時の子どもたちへの負担を回避する方法も分かり、非常に勉強になりました。
    将来的な相続のことも考えておかなければならないので、少し時間をかけてでもしっかりと先生方と相談して決めていきたいと思います。これからもお世話になりますが、よろしくお願いします。

    親族一同感謝しております

    2020年 6月吉日
    相続に関する一連の手続きをスムーズに代行して頂き、親族一同感謝しております。
    相続発生以前より、ホームプランナーさんの看板を拝見させていただき、気にはなっておりましたが、中々ご相談に伺うことができないまま父が亡くなり、事後での相談となりました。
    右も左も分かりませんでしたが、一からすごく丁寧に、親身になってご説明してくださりました。司法書士や税理士の先生方とも連携されているようで、驚くほどスムーズに手続きを進めていただきました。はじめての相続でしたが、安心してすすめることができました。
    最終的には不動産の売却をお願いすることには至りませんでしたが、今後も相続や不動産の売買を検討した際には、必ずホームプランナーさんにご相談したいと思います。
    もちろん、友人で困っていた方がみえた時にも、ご紹介させて頂きます。

    実家の相続は誰が?

    2020年 4月吉日

    主人が心臓の病で倒れて数年が経ちました。現在は元気に過ごしていますが、80歳を過ぎたころに娘から「実家は誰が相続するの?」と唐突に聞かれたときに、今後おこる相続のことを何も考えていなかったことを自覚しました。
    以前お付き合いさせて頂いた小芝さんより、何度か相続勉強会のご案内を頂いておりましたので連絡してみました。
     電話で少し相談したところ、「相続人が奥様と5人のお子さんの6名では、ご実家一つに取ってみても揉める可能性があります。まずは相続勉強会に参加して一から勉強してみてはいかがでしょうか?」とお誘い頂きました。
     早速STEP1~5まで受講し、しっかりと学ばせて頂いたうえで個別相談もお願いしました。私ひとりでは何も進まないので主人と長男・長女をつれて4人で伺いました。詳しく私たち家族の状況をご説明させていただき、揉めない相続の方法についてご相談しました。
     私達家族の一番の想いは、実家は皆が集まる場所として引き継いでいきたいということでしたので、相続が発生した際には長男の名義にすること、その他の金融資産は均等に分けることで話もまとまり、遺言書を作成することができました。
     突然相続となっていれば、子供たちの仲は悪くなってしまったかもしれません。事前に私たちの想いを子供たちに伝えるきっかけを作っていただいた小芝さんには本当に感謝しています。家族の想いの共有を優先した最善のご提案をいただきありがとうございました。

    さらにお客様の声をみる

    西区役所にて放映中!