ブログ

外壁材の種類と特徴 ~乾式工法~

外壁は住まいを印象付けるとともに、わたしたちの暮らしを守る大切な役割を果たしています。強い日差しや風雨にされされるので、デザイン性だけでなく、耐久性などの機能も重視して選びたいですね。

一口に「外壁」といっても様々な種類があります。種類によって価格や特徴も様々。代表的な外壁塗装材をご紹介します。

外壁材の工法は、乾式工法湿式工法の2種類に分けられます。今回は、乾式工法についてご紹介します。

  

◎乾式工法

乾式工法とは、水を使用せず、ボード状の外壁材をボルトや釘、ネジで取り付ける工法です。
施工性が良く、工期の短縮化がはかれるため、最近では主流となる工法です。
このボード状の外壁材を総称して、サイディングと呼んでいます。

  

◎種類と特徴

●窯業系
セメント質と繊維質を主原料として、板状に成型し、養生・硬化させたもの。組成によって、「木繊維補強セメント板系」「繊維補強セメント板系」「繊維補強セメント・けい酸カルシウム板系」の3種類に分けられます。
耐火性、施工性に優れ、デザインのバリエーションが豊富で、住宅用外装材として7割以上のシェアを占めています。

  

●金属系
鉄、ステンレスや銅、アルミニウムなどの金属板に、断熱材を裏打ち、もしくは挟み込んで一体成形したもの。軽量で、施工性に優れています。
最近では、基材の鋼板にアルミニウム、亜鉛、シリコンなどのメッキ層を施した「ガルバリウム鋼板」が、耐久性、耐候性、コストパフォーマンスが良いことから、普及しています。

  

●セラミック系
桟の付いた下地パネルに、タイルや石を引っ掛けて取り付けるものと、あらかじめ工場でパネルにタイルを接着加工したものがあります。

  

●木質系
天然木に塗装を施したもの以外に、木材の小片を接着剤と混合し板状に熱圧成形したパーチクルボード製や木質繊維を原料とする成型板のMDF製のものがあります。
防火指定のある地域でも使用可能な、不燃処理を施した製品も開発されています。

  

●ALC
石灰質原料と珪酸質原料を主原料とし、これに発泡剤や混和材を混合して形成し、養生硬化させた多孔質の軽量気泡コンクリートのパネルです。
断熱性、耐火性に優れ、主に鉄骨造の床・壁・天井などに使用されています。

 

次回は湿式工法の外壁材をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る