ブログ

塗り替えリフォーム成功の秘訣 失敗しない会社選び

そろそろ塗り替えをしよう!と思っているあなた。
ちょっと待ってください。施工や外装リフォームを依頼しようとしているその業者は、本当に地元にある会社ですか?

大切なマイホームの塗り替えを失敗しないためにも、長持ちするためにも、塗装業者を選ぶポイントをご紹介します。

◎会社の所在地を確認しましょう

事務所も構えず、ただお客様から注文をとるだけで、あとは安い金額で下請け業者に全部丸投げ。

何か不具合や手違いが起きた時には、営業を専門にしていた元請会社は消えてしまっている・・・。そんな悪質なケースが塗装やリフォームの業界ではよく聞きます。

このような悪質な業者に騙されないためのひとつの手段として、地元でちゃんと事務所を構えているかどうか、自社できちんと施工をしている会社かどうかをまず確かめましょう。

地域に根を下ろし、自社で施工をしている会社は「いいかげんな仕事をすれば地元で仕事がなくなってしまう」と考え、仕事をしているはずです。
もし、いいかげんな仕事をして、トラブルになれば、「あそこの会社で塗り替えるとすぐはがれる」「長持ちしない」などと、ご近所同士で悪い噂があっという間に広がっていき、その一帯では誰も注文してくれなくなってしまいます。

どんな小さな塗装工事も、きちんとした仕事を続けることで、ご近所からも「しっかりしている」「私の家も塗り替えて欲しい」と思ってもらえるもの。
ですから、地元に密着している会社であれば、その場限りの、ワンシーズン限りのやっつけ仕事をすることは考え難いのです。

反対に、他県から最近やってきた会社で、名前も聞いたことがないようなところは危険です。
そうやって、次々と場所と名前(屋号)を変えて、質の悪い施工を繰り返してきた心配があるので注意してください。

また、きちんとした施工で自信があるのなら、これまでの施工実績=現場を喜んで見せてくれるでしょう。依頼をする前には一度、過去の施工実績=現場を見せてもらうのは鉄則です。

もしそこですぐに答えが返ってこなかったり、渋ったりするような場合は、施工結果を見せたくない、何か後ろめたいところがあると考えて、安易な契約は避けた方がいでしょう。

◎専属の職人がいる会社に依頼しましょう

なぜ自社施工が大切なのか。それは、会社に専属の職人がいるということを意味するからです。

もし会社に専属の職人がいなかった場合にはどうなるでしょうか。
仕事は下請会社に依頼されることになります。

そうすると、下請会社は元請会社が持って行って余った予算の中で施工をしなければなりません。さらには下請からさらに孫請け・・・と仕事が次々と回されることも、この業界では珍しくありません。

下請会社や孫請会社に回されるということは、施工責任の所在が分からなくなる心配があります。

お客様が安心できるのは、塗り替えの最初から最後まで、そして将来も一貫して行う自社施工・自社職人の会社だということを、ぜひ覚えておいて下さい。

塗り替えを依頼する際には、その会社が地元にある会社なのか、自社施工なのかをポイントに探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る