ブログ

外壁塗料「オスモカラー」

今回は、塗装で使われる「オスモカラー」という塗料についてご紹介します。

 

■オスモカラーとは・・・

自然の植物油(亜麻仁油、アザミ油、ひまわり油、大豆油など)とワックス(カルナバ、カンデリラ)が主成分となっています。
また、主成分を液体にしておくための溶剤は薬用アルコールと同程度まで精製されたホワイトミネラルスピリットを使用していて、アレルギーの出やすい柑橘油、テレペン油は使用していません。
食品と同じくらいの衛生レベルです。

主成分が全体の60~85%と一般塗料の15~40%に比べ格段に割合が大きいため同一量での塗装面積も約2倍です。匂いも穏やかで、さらに環境にもやさしい塗料です。

 

(1)一般ペンキとの違いは、「油」

オスモカラーには高度な技術で品質の高い油に精製したひまわり油、大豆油、アザミ油が使われています。
その品質の高さと地球環境への配慮は国際基準ISO9001とISO14001によって証明されています。

 

(2)オスモカラーの特長

1.安全性

内装用のオスモカラーはヨーロッパ規格EN71-3玩具安全基準に合格しており、幼児向け玩具や遊具、家具の塗装に使われています。オスモカラーにはホルムアルデヒドなどの有害な物質は一切含まれていません。フォースターの要らない告示対象外塗料です。
だから、お子様がいる場所でも安心して使うことができます。

2.浸透性&撥水性

優れた撥水性があり、水やコーヒーをこぼしてもシミになりません。
また、浸透性に優れているため木が呼吸でき、塗装のメクレ・ハガレがおこりません。独自の精製技術で不純物を取り除いた植物油は屋外においても優れた耐久性があり、外装用のオスモカラーは国土交通省が定める屋外塗装の性能に適合しています。
水は通さず空気を通すので長持ちします。

3.経済性

オスモカラーには木を守るための「主剤」が一般的な木材保護塗料に比べ、2倍以上入っています。だから、少ない量で広い面積を塗装することができて経済的です。

オスモカラーは、屋内外使える、剥げにくい塗料です。
塗ったあとも日常のメンテナンスは拭くだけのお手入れなので、一般の方でも簡単にできます。

場所や施工事例を自由に選べる格安リフォーム。工事つき料金表示で追加料金一切なしのワンプライス。理想の家づくりをお手伝いいたします。

格安リフォーム工事 リフォームで住まいをアップグレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る