ブログ

ウォークインクローゼットのリフォーム

女性はオシャレが大好きですね。ウォークインクローゼットの工夫で収納上手になりましょう。そのためにはメリットとデメリット、そして広さ、使いやすい間取り、作らないほうがいい場所などもご紹介します。

■メリット・デメリット
ウォークインクローゼットとは、クローゼットを1つの部屋に独立させた収納のことです。
メリットは、衣類を全てまとめて1か所に収納できるので、どこに置いたか忘れてしまうなどがなくなり、部屋の片付けもしやすくなります。デメリットは、ウォークインと言う名前の通り、中に歩くスペースが必要になるので、収納数が少なくなることです。

■最適な広さは1.2坪程度
ウォークインクローゼットは1.8m×1.35m(0.75坪)程度の広さがあれば作ることができますが、ウォークインクロゼットのよさが出せるには2m×2m(1.2坪)程度の確保が必要です。幅が2mあれば、パイプを2列にして左右両側に洋服を吊すことができるので、更に使い勝手がよくなります。

ウォークインクローゼットのリフォーム
※イメージ画像

■クローゼットにリフォームする時は、壁と窓の結露に要注意
ウォークインクローゼットを作るためには、ある程度の広さの面積が必要になります。そこでリフォームでは、空いている部屋にパイプを取り付けてそのままクローゼットにするケースも多いのですが、トラブルが起きてしまうことがあります。
トラブルとは結露です。断熱性能が低い家は外壁に面した壁に結露がつきやすく、特に北側の壁はびっしょり濡れたようになることもあります。そのままクローゼットにしてしまえば、洋服が濡れたり、カビや虫の被害にあってしまうこともあります。

■収納量だけではなくリフォームでは間取りも考えて
リフォームでウォークインクローゼットを作る時に忘れがちなのが着替えのスペースです。リフォームでは間取りの制限もあり、リビングや廊下からしか入れない場所に作らなければならない場合もあります。せっかくのウォークインクローゼットなので、クローゼット内部に鏡つの着替えスペースを作っておくといいでしょう。

■照明は明るめにしておく
クローゼットは洋服から出たわたぼこりが溜まりやすい場所です。引き出しの隙間に掃除機が入らない!ということが無いように、床の掃除がしやすくなるよう気をつけましょう。

照明を少し明るめにしておくと洋服も選びやすくなり、LEDなら紫外線が少ないので色焼けの心配がなく安心です。その際は洋服の色がわかりやすいよう、高演色タイプを選びましょう。

お気に入りの洋服をしまっておく場所なのでより快適な空間にし、オシャレをもっと楽しみましょう。

ウォークインクローゼットのリフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る