ブログ

立て替えかリフォームの判断ポイント

長年住んでいる家の中で変えたい箇所が出てくることはありませんか?
でも立て替えかリフォームかという悩みが出てきます。
そこで今回は判断ポイントをご紹介します。

 

1.使えそうな箇所はどれだけ残っているか
基礎や土台などがしっかり建てられている家であれば、そのまま使えるケースも少なくありません。逆に、基礎の劣化が激しく、構造上の重要な部分の腐食や傷みは、修復するのにかなりの費用がかかります。ポイントは、どれだけ使える部分が残っているのか、補修が必要ならその費用はどのくらいかを把握すること。まずはしっかり調査をしてもらい、見積りを取る際には、「あと何年、この家に住みたいのか」をはっきり伝えましょう。

 

2.希望のプランで見積もりを取る
「リフォーム」でも間取りの変更は可能ですが、構造の問題でリフォームでは難しい場合もあり、建て替えとほとんど変わらない費用がかかってしまう場合があります。「建て替え」は間取りなどの自由度が大きいのがメリットですが、建物本体の費用だけでなく、解体・処分費用、仮住まい、引越し費用、登記費用など様々な経費が必要になります。こうした諸費用も含めた総費用や希望するプランを「リフォーム」か「建て替え」か判断することが大切です。

 

3.土地の規制を調べておく
現在住んでいる家が建った後に建築基準法や地域の条例が改正されたことで、「建て増しができない」という場合があります。まずは自分の家が建っている土地に、現在どのような規制がかかっているのかを市区役所で確認しておきましょう。マンションの場合、管理規約を確認しましょう。また、リフォーム会社に希望のプランを伝え、法規制も含めて実現可能かどうかを調べてもらう方法もあります。

 

この3点で立て替えにするべきなのか、リフォームにするべきなのか判断しましょう。
判断が難しい場合はリフォーム会社に相談し、より良い住まいづくりをしましょう。

 

場所や施工事例を自由に選べる格安リフォーム。工事つき料金表示で追加料金一切なしのワンプライス。理想の家づくりをお手伝いいたします。

格安リフォーム工事 リフォームで住まいをアップグレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る