ブログ

【注文住宅】すぐれた断熱材が「住みやすさ」を生む

「住まいとリフォームのコンシェルジュ 女性視点の家づくり」では、これから新築やリフォームなど家づくりをされる方のために、住宅・建築関連企業様の施工例とともに家づくりの知識をご紹介していきます。

今回は注文住宅の不二建設様から、住環境の豆知識です。

「住みやすさ」を追求した家づくり

090731_fuji_01

家づくりにおける一番のこだわりは人それぞれ違うものですが、ほとんどの人から「おしゃれな家に住みたい」「こだわったインテリアに囲まれて住みたい」という声が聞こえてきます。
しかしそれだけにこだわった家づくりの結果、住み始めてから「失敗した」と思うことが意外に多いの、ご存知ですか?

その原因は、外見だけにこだわり住宅性能という点についてはあまり意識していないため、住んでみて初めて自分の家の欠点に気づく・・・というところにあるのです。
不二建設様では、家づくりに一番必要なものは「住みやすさ」だと考え、住環境に徹底的にこだわった家づくりを提唱しています。

ぶ厚い断熱材

「住みやすさ」とは、1年を通じて快適に過ごせること。そして経済的であること。

施工していく上で、住宅にはどうしても隙間が生じてしまい、この隙間が「熱損失」というものを生みます。つまり、住宅内の空気が隙間から逃げてしまうことで、涼しさや温かさが損なわれるということです。

その隙間をできるだけなくすための工夫として、壁から屋根まで家全体に発砲ウレタン(断熱材)を吹き付けるのですが、こちらの住宅の断熱材の量は他社と比較してもかなり多め。
箇所によっては最低6cmあればいいところを、取材中計測してみると実際14cmも吹き付けていたり、通常はここまでしないという窓のサッシまわりにも断熱材をたっぷり使用します。

しかもそれが標準仕様だから、そんなこと知らなかった・・・という人にとってはとてもうれしい設計ですよね。

090731_fuji_02 090731_fuji_03
090731_fuji_04

いつでもどこでも、家中を同じ温度に保つことにより快適さは生まれる

近年、多くの住宅に見られるようになった吹き抜け。しかし、吹き抜けを作る本当の理由を知らないという人は意外に多いと思います。

家を明るく開放的にしてくれる。それももちろんありますが、吹き抜けには1階と2階を均一の温度にするという大事な役割もあるのです。これにより、住宅に快適さが生まれることになります。

ただし、ただ吹き抜けを作ればいいという問題ではありません。2階が寒ければその冷気が1階まで降りて部屋を冷やしてしまうことになり、かえって吹き抜けが逆効果になってしまいます。
多くの住宅はこうした問題を抱えており、「吹き抜けは作らない方がいい」という結論になってしまうことも・・・。

不二建設様の住宅では、こうした問題を解決するため、「第一種換気 熱交換型」の換気扇を標準で使用しています。この換気扇は外の空気をそのまま部屋に入れずに室温に近づけてくれるので、外が寒いから家の中まで寒い・・・ということがありません。
施工費用は20~30万かかってしまいますが、冷暖房の維持費を考えれば、結果的に環境にもお財布にも優しいということになります。

090731_fuji_05

断熱はここで差がつく

090731_fuji_06

夏の熱気対策としては、屋根裏に遮熱材を施工したり、発砲ウレタンを吹き付けたぶ厚い断熱材で対策。
屋根裏ではなく天井裏に断熱材を敷いているところがほとんどのようですが、その場合天井裏では熱い空気が蓄積されていることになるので、効果的ではありません。

また、外断熱 = 暖かい・涼しいではないことも知っておきたい豆知識。決して効果がないわけではありませんが、お金をかけておけば完璧!というわけではないので注意が必要です。
費用対効果の高い断熱方法を慎重に選びましょう。

外部の専門機関とのタイアップによる独自の構造計算

基礎・構造は一度家を建ててしまえばやり直しがききません。だからこそ、一番お金をかけてしっかり施工すべき部分です。
不二建設様では2×4(ツーバイフォー)工法を推奨しています。2×4工法は施工の方法がある程度決められているため、品質が安定しているのが特徴です。例えば釘の種類や打つ位置などがあらかじめ決められているなど、誰の手によっても高品質が維持されるように工夫された工法なのです。
また、2×4工法は地震に強いことでも知られています。不二建設様ではさらに外部の専門機関とタイアップして、独自の構造計算から無駄なくより経済的に耐震性を上げる試みを行っています。

090731_fuji_07

住宅性能を高めると、間取りも自由に

住宅性能や構造に力を入れている会社だと、間取りやデザインは二の次では?と思う人もいるかもしれませんが、そうした心配は無用です。
不二建設様ではお客様の「こういう間取りにしたい」「あんなデザインにしたい」という希望をできるだけかなえるために、お客様一人ひとりに満足してもらえる注文住宅になっています。
その住宅性能の高さから、幅広いお客様のニーズに応えることができるのです。

目に見えない部分だからこそ、徹底的に良いものにこだわる。
そしてリーズナブルに高品質な住宅を提供することが大切だというのが不二建設様の基本的な考え方です。
その考え方がお客様に支持され、「不二建設さんの住宅はとても住みやすく快適だ!」というお客様の声が年々増えているそうです。

090731_fuji_08

デザインを感じる「家づくりスタジオ」グランドオープン!
安全で快適な住宅を1棟1棟手造りいたします

注文住宅の不二建設株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る