ブログ

石和温泉でまちづくりが一体となってバリアフリー住宅を実現

IMG_6410

◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ

桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の郷 ”石和・春日居温泉郷を擁する樹園都市、また、観光都市として知られています。
その笛吹市の中心地であり、中央本線「石和温泉駅」南口エリアでは、まちづくり整備が進んでいる。
市街地としての機能や利便性と自然を両立した笛吹市は、別荘やセカンドライフにぴったりの立地と言えます。
山梨県で別荘と言うと清里や富士五湖が有名だが、首都圏からのアクセスのよさやまちづくり整備などインフラ面を加味すると、とても魅力的なエリアとして人気があるのも分かります。

 

◎日本有数の温泉街で、良質な湯質に癒される

自宅に温泉が引けるのも石和温泉エリアならではの嬉しい特典。

昭和36年に葡萄畑の中から突然湧き出した温泉。旅館やホテルが多く建ち並び、日本有数の温泉街となっている。

この良質な湯質の温泉を、石和温泉エリアの民家に引く事ができるのです(利用条件は市役所へお問い合わせください)。
自宅で“ かけ流しの温泉 ”を楽しむことができるなんて最高ですね(写真手前の蛇口が温泉になっている)。

IMG_6363

 

◎バリアフリー住宅を実現したH邸

施主Hさんが、バリアフリーの家造りの決め手となったのは、進和工業海野社長との出会い。
山梨県で4代目、住宅を造り続けて100年地域を見守り、お施主様のご要望を100%受け止めてくれる頼もしい親方でした。

近年バリアフリーの施工は標準的になってきました。
しかし部分的なバリアフリー対策は、実質的な生活面において本当のバリアフリーは言えませんが、H邸のバリアフリーは模範的です。

駅から門扉、アプローチ、玄関ドア、室内の生活導線まで、バリアフリーが徹底されている。
石和温泉駅から自宅まで、“ まちづくりが一体となってバリアフリーを実現 ”しているのです。

IMG_6354

 

◎シニアに優しい街 石和温泉駅前

石和温泉駅前の開発エリアは区画整理された段差の無いフラットな街造りエリアの一画にH邸はある。
石畳道りには電柱を地中に、街路灯や温泉の配管も整備。

加えて駅前にはイオンや各専門店、医療施設が整い、暮らしやすさが伺えます。
家づくりには、言うまでもなく立地、つまり土地選びがとても重要ですね。 IMG_6110

 

◎拘り抜いた間取りと居住空間

そして拘りは家の中でも顕著でした。まずは、広くそして大きく吹き抜けたリビングルーム。
IMG_6390
IMG_6127

広く感じる1階もいいが、2階から見る外の景色や見渡せる1階は、ゲストハウスのような贅沢な造りだ。
IMG_6410

対面キッチンカウンターで、視界を遮るものがない。
IMG_6394

温泉施設のような、大きな窓とたっぷり差し込む採光のバスルーム。バスコートもある。
IMG_6360

玄関は明るいエントランスと突き当りの坪庭。光を計算したデザインだ。
IMG_6369
IMG_6163

天然木の広いウッドデッキは、注文住宅らしい意匠的なアクセントにもなっている。
IMG_6381

快適な住まいを約束するような効果的なデザインが生きている。
IMG_6416

例えば週末の別荘としての1泊も、親子3世帯が集ってロングバケーションを過ごしても、ずっと定住しても、快適な暮らしが約束されているのは疑う余地がありません。

 

●住宅データ

○施主 ティースタイル株式会社
○施工 進和工業(住宅建設会社)

※現地「石和」の予約制オープンルームとし本物件を内覧いただけます。ご興味のある方は進和工業(0553-47-0107)へお電話ください。

○お問い合わせ 不動産ネット山梨
掲載中の記事に関するお問い合わせ、注文住宅・リフォーム・リノベーションに関するご相談・ご依頼・お見積りを受け付けております。

 

山梨県の不動産ポータルと買取ポータルへお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事

  1. アパートのリフォーム/リノベーション
    ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. 外壁、内装、漆喰塗り壁、内部オイルニス工事の新築住宅
    ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. IMG_6410
    ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
山梨県初ボーカロイドと音楽制作のDTMセミナー
声楽と発声とボイストレーニングの山梨県音楽スクール
ページ上部へ戻る